藤野法律事務所

刑事事件

迅速かつ的確な弁護活動が何より重要です。

不慮の事件にまきこまれた時、思わぬ事故を起こしてしまった時。
私たちがスピーディに対応し、
不起訴・無罪・刑の軽減をめざします。

TEL 076-255-0762 (営業時間:9時〜17時30分。定休日:土日、祝日)

刑事事件の弁護について

刑事事件は、弁護士だけでなく当事者の迅速な対応が、身体拘束からの早期解放・不起訴・無罪につながります。
刑事事件の手続には、起訴前の捜査段階と起訴後の公判段階があり、弁護活動の内容もその段階によって変わります。
起訴前にご相談いただくことをおすすめします。

起訴前の段階

少年の場合は、家裁送致前

起訴前の捜査段階においては、身体拘束からの解放、不当な捜査活動への対応、有利な証拠の収集、不起訴処分の獲得などを主な目的として活動します。

起訴後の段階

少年の場合は、家裁送致後

起訴後の公判段階においては、身体拘束からの解放、法廷における公判手続の遂行、有利な判決の獲得、不当な判決に対する上訴などを主な目的として活動します。

弁護士費用

以下の金額に消費税を加えた額となります。
相談料 1時間あたり 5,000円。以降30分毎に 5,000円。
* ただし、法律相談の結果、事件を委任いただくことになった場合には、法律相談料は委任事務処理の対価としての弁護士費用に含まれることとし、上記の相談料をお支払いいただく必要はありません。
起訴前段階の弁護 着手金 15万円[在宅(身柄拘束されていない)事件の場合は、10万円]
被害者との間で被害弁償に関する交渉を行う場合は、上記金額+被害者1人あたり10万円
報酬金 不起訴の場合:10万円
略式命令の場合:5万円
被害者との間で被害弁償に関する合意が成立した場合:被害者1人あたり10万円
起訴後段階の弁護 自白事件 着手金 15万円[起訴前段階から受任していた場合は、10万円]
被害者との間で被害弁償に関する交渉を行う場合は、上記金額+被害者1人あたり10万円
報酬金 保釈許可決定がなされた場合:5万円
執行猶予付きの判決の場合:15万円
被害者との間で被害弁償に関する合意が成立した場合:被害者1人あたり10万円
否認事件 着手金 40万円[起訴前段階から受任していた場合は、35万円]
報酬金 保釈許可決定がなされた場合:5万円
無罪判決の場合:30万円~(事案の難易によります。)
裁判員裁判対象事件 原則として受任対象外